100記事達成したのでいろいろ報告
お役立ち

Windows10で再起動しないとネットに繋がらない場合の対処法

こんにちは米多です。

私は今Surface Proをおもに使っていますが、その前に使っていたデスクトップPCはWindows7からWindows10に無償でバージョンアップしたものです。

そのデスクトップPCは有線接続なのですが、Windows10にバージョンアップしてから起動時にネットワークに接続されないという現象が起きていました。今では原因がわかって正常な状態に直せたので、その時の症状と解決方法を紹介します。

初回起動時にネットワークにつながらない

現象としては、PCの電源が切れている状態から電源を入れ、PCを起動するとネットワークに接続されていない状態になっているという感じです。

・ケーブルはちゃんと挿さっている
再起動しても直らない場合はLANケーブル自体が原因かもしれません。LANケーブルは通販が安いです。電気屋で買ったあとで気付きました…

・他の機器はちゃんとネットに接続されている
・PCを再起動すると正常にネットに接続される

こんな感じで毎回再起動してから使っていました。今考えるとスリープにしとけばよかった…

解決方法

毎回再起動するのは結構面倒だったので、ネットで解決方法を探していると同じような状況の方がたくさんいたらしく、ある方法を見つけました。

PCの高速起動をオフにする

その方法は、PCの高速起動をオフにするというもの。
Windows10はデフォルトで高速起動がオンになっているんですが、この機能がちょっと厄介らしく名前の通り起動が早くなるんですが、古いソフトやドライバがうまく起動されない場合があるそうです。

設定の変更手順ですが、まずPCの画面右下にあるバッテリーのアイコンをクリック。すると以下の画像の画面が出てきます。

そこにあるバッテリーの設定をクリック

この画面が出てくるので、左にある電源とスリープをクリック

次に右側にある電源の追加設定というところをクリック

 

続いて電源ボタンの動作の選択をクリック

ここまで来ると、下の方にシャットダウン設定というものがあり、高速スタートアップを有効にするという欄があります。このままだと変更ができないようになっているので、現在利用可能でない設定を変更しますをクリック。

そうすると設定の変更が可能になるので、高速スタートアップを有効にするの✓を外して変更を保存します。ちなみに、説明文をみてみると再起動の場合は高速スタートアップの影響を受けないとあります。これなら初回起動時にネットワークに接続されずに再起動すると直るのにも説明がつきます。

まとめ

Windows7からWindows10にバージョンアップした場合、初回起動時にネットワークに繋がらなくなる現象の解決方法をご紹介しました。

私と同じような症状が出ている場合、高速スタートアップの影響の可能性がありますので、もしかしたら今回紹介した方法で解決するかもしれません。ぜひ試してみてください。

 

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。