100記事達成したのでいろいろ報告
お役立ち

早寝はもったいない?むしろ夜行動するほうがもったいないですよ

早起きしようしようとは思っているけど、仕事が終わって帰ってきてやっと自分の好きなことができる夜の時間がもったいなくてなかなか早く寝ることができない。

結局いつもと同じ出発ギリギリの時間に起きて、急いで支度して出社…なんて生活を送っていませんか?

私も最近までそうでした。

明日起きたらまた仕事なのに、早く寝たらすぐ明日がきてしまう。仕事から帰ってきてやっと自分の時間なんだし、目一杯使わなきゃもったいない。そう思って毎日夜12時過ぎまで起きてました。結局寝落ちするのに。

ですが、最近思い切って夜10時に寝るようにしたらメリットしかありませんでした。

早寝はもったいないと思ってしまいがちですが、夜遅くまで起きて朝起きてからの時間を自分のために使えないことのほうがもったいないです。

実際に早寝早起きを続けている私が、早寝のメリット、朝起きてからの時間を自分のために使う重要性を紹介します。

早寝のメリット

早起きのほうが注目されがちですが、早寝のメリットも見てみましょう。

早起きできる

早く寝ると早く起きられます。

なにを当たり前のことを…と思うかもしれませんが、早起きしようとして朝はやくに目覚ましをセットすることはあっても、早く寝ることはあまり重要視されていないような気がします。

起きる時間だけを早くして、寝る時間はいつもどおり…なんてことありませんか?

それでは睡眠時間が減るだけで、朝スッキリと起きられずに一日睡眠不足で生活するだけです。

当たり前ですが早起きしようとしたらその分早く寝なきゃいけません。

でも、私を含め多くの人が起きる時間だけを気にしています。

重要なのは寝る時間の方です。

起きたい時間を決めたら、7時間は最低でも寝たいからこの時間までに寝ないとだめだな…と逆算して決めた時間に寝るようにしましょう。

スポンサーリンク

集中力の高い時間を自分のために使える

最近読んだ本に書いてあったんですが、思考や感情をコントロールする「ウィルパワー」というものがあり、これが集中力の源らしいです。

ウィルパワーはなにか決断したり、集中したりすると減っていき、だんだんと集中できなくなっていきます。集中力メーターがあって、集中力を使うとどんどん減っていくイメージですね。

仕事でウィルパワーをたくさん使ってきて、夜になにか作業をしようとしても集中できないのは当たり前ということです。

そんな集中できない夜の時間はさっさと寝てしまって、朝起きてすぐのウィルパワーが回復した時間を自分のために使いましょう。

無駄な行動を減らせる

私は毎朝5時には起きるようにしているんですが、その時間に起きつつ睡眠時間を7時間は確保したいと考えると、夜10時には寝なければいけません。

前は夜12時に寝ていたので、2時間早く寝るということです。

ブログを書くのは朝に回すとして、いつも夜寝る前になにしてたかなーと考えてみると、たいていスマホでネットサーフィンしてたり、スマホゲームにログインしたり、眠くてぼーっとしてたり…

意外と大したことしてないんですよね。眠いし集中力のない状態なので時間を全く有効に使えていないことがわかりました。

早く寝るようにすることにより、自分の行動の無駄に気付くことができます。

まとめ:夜に行動しているほうがもったいない!

以上、早寝するのとてもおすすめというお話でした。

早く寝て、早起きして出社前に自分の時間を作ることで、一日で最も集中できる時間を自分のために使うことができるようになります。

集中力を会社優先で消費して、余ったのを自分のために使うなんてバカバカしく思えてきます。

夜の集中できない時間をダラダラ過ごすのをやめて、早く寝てみましょう。

その分早起きして、自分優先で集中力を使いましょう。

集中することについて、こちらの本がとっても参考になりました。

1日はどんな人でも24時間です。それなのに人によってできることが違うのは、集中して物事に取り組めているかどうかの違いです。

集中力は鍛えることができます。

この本を集中して読んで、集中力を鍛えてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。