100記事達成したのでいろいろ報告
骨折

抜釘手術② 退院後のリハビリ等。車はすぐ運転できました。

こんにちは。米多です。

前回の記事では、抜釘手術を受けてから退院するまでの体験を紹介しました。まだ読んでいない方はよろしければこちらからどうぞ。

あわせて読みたい
抜釘手術① 入院から手術、退院までこんにちは。米多です。 私は2017年の4月に足の骨を折って、骨にチタンの棒が入っていました。詳しくはこちらの記事をどうぞ。 ...

今回は抜釘手術を受け、退院して家に帰ってから不自由なく歩けるようになるまでの体験をお伝えします。

退院して1日目

昼に退院して家に帰ってきた。

歩こうとすると、ひざが痛み足首も固まっていてとても歩ける状態ではなかったので、松葉杖生活。

あと傷はしっかり縫ってあって開かないのはわかっていても、体重をかけると痛むしビビってなかなか右足に体重をかけられなかった。

退院して2日目

前回の手術後もそうだったんですが、寝ている状態から起き上がって、足をおろしたときにすごく痛みます。

なんか足の方に血が集まるような感じというか、しびれる感じというか…

歩くのはやっぱり辛かったですが、歩く前に足首とひざをほぐしてから歩いてみると杖なしでもなんとか歩けました。歩けなかったのは痛みというより、ひざと足首の動きが悪かったことのほうが原因だったのかなと。

退院して3日目

朝通院。お相撲さんの名前みたいですね。

傷の具合をみてもらい、もう血はでなさそうだということで包帯からでかい絆創膏に変更になった。膝がだいぶ固まってるからちゃんと動かすように言われる。

そして次の診察予定を言われあっさり終了。

病院までは松葉杖1本を使って歩いていたが、その後別の場所に行く用事があったのでためしに杖なしで歩いてみた。何故かとてもスムーズに歩けて痛みもほぼなかった。

先生にみてもらったからでは無いと思うが、何かの拍子に歩き方を思い出したような感じだった。骨折した後のリハビリで、歩けないのは歩き方を忘れているからという話を聞いたのを思い出した。

あと多分だめだけど車の運転も普通にできました。(手術後の運転はあくまで自己責任で!)

座っている状態から立ち上がると、足に血が集まるような感じで痛みが出るのはまだ治らず。でももう松葉杖はいらなそう。抜糸のときに返しましょう。

抜糸

退院してから7日目。抜糸をしてもらいに病院へ。

松葉杖なしで歩くのにも慣れ、杖は手に持って行きました。

傷の具合をみてもらい、状態もいいということで抜糸へ。抜糸してもらうときは怖くて足は見ないようにしていました。

そんなに痛くはなくて、毛を抜くのと一緒くらいの痛みです。抜糸後は傷にサージカルテープを貼ってもらう。

こんなやつです。帰りに病院の売店で買っていくように言われました。3Mって医療用のテープも販売してるんですね。
このテープを3ヶ月は貼っておくように言われました。そうすることで傷口がケロイド状になりにくいんだとか。ケロイドとは傷が治ったあとの赤っぽい状態みたいなやつです。わかりやすく言うとデッドプール状態です。
スポンサーリンク

その後

シャワーとか風呂

抜糸後も数日は足首の傷から血が出ていたので、毎日テープを貼り替えていました。

出血が止まってからも怖くて、シャワーを浴びるのも足をなんとか濡らさないようにしていました。

抜糸からだいたい10日くらいしてから恐る恐る温泉に入ってみました。すると傷がしみることもなく問題なく入浴できました。

テープは濡らしても大丈夫なので、シャワーとか風呂のときも貼ったままです。濡れても意外と剥がれないんですが、風呂の後はテープを貼り替えてました。

歩行

抜糸するころには松葉杖なしで歩けていましたし、その後もだんだんと歩き方がもとに戻っていきました。

骨折後と比べてすぐに足に体重をかけられるので、リハビリもほとんど必要なく、ちゃんとひざや足首をほぐすことを心がければすぐに歩くことができるようになると思います。

まとめ

抜釘手術後にどんな感じだったかを紹介してみました。

あくまで私の場合ですが、退院から3日で杖なしで歩けるようになり、7日で抜糸。その後は普通の生活ができていました。

入院、手術でだいたい3泊4日。退院してすぐでも松葉杖があれば歩けるので、退院後の仕事復帰はすぐにできそうですね。私は事情があって夏はずっと休みだったので問題ありませんでしたが。

これから抜釘手術を受けようと思っている方の参考に少しでもなれば幸いです。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。