100記事達成したのでいろいろ報告
ラブライブ!サンシャイン!!

Aqours 4th LoveLive! 感想[2日目]ライブビューイング

2018年11月17日、18日の2日間、東京ドームでAqoursの4thライブが開催されました。

現地参加した1日目の感想はこちら。

あわせて読みたい
Aqours 4th LoveLive! 感想[1日目]ドゥーム行ってきました。2018年11月17日、18日の2日間、東京ドームでAqoursの4thライブが開催されました。 1日目は現地で参加できたんですが...

2日目はチケットがご用意できませんでしたを食らってしまい、地元に戻ってライブビューイングで参加しました。

正直なんとしてでも現地で参加するべきでした。

セットリスト

2日目のセットリストはこちら。

ラブライブ!サンシャイン!!公式Twitterより引用

1日目との変更点は

・恋アク→ハピトレ
・決めたよHand in Hand→ダイスキだったらダイジョウブ!
・ミラチケ→WATER BLUE NEW WORLD
・ユメユメ→勇君

1日目からだいたい予想できていたんではないでしょうか。

2日目も相変わらずやばみ。やば海千歌ちゃん。

今回は1日目から変更のあったところの感想です。

2日目の感想

まずは「HAPPY PARTY TRAIN」。1日目が恋アクだったのでくると思っていましたが、やっぱりすばらしい。「PARTY PARTY TRAIN to go!」の部分ほんと好き。

「ダイスキだったらダイジョウブ!」では、歌、ダンス、衣装もバージョンアップしたパフォーマンスを見せてくれました。1st以降披露されないかもと思っていたので、テンション上がりましたね。

そしてAqoursシップで登場しての「WATER BLUE NEW WORLD」。東京ドーム(劇中ではアキバドーム)はラブライブ決勝でこの曲を披露した場所なので、ウォタブがこないはずはないと思っていました。でもまさか船の上でのパフォーマンスを観られるとは予想外でしたよ…

あと「勇気はどこに?君の胸に!」。もうなんも言えねえ…この曲はほんと涙腺に来るんですよ…「やり残したことなどない そう言いたいねいつの日にか」Aqoursから、やり残したことなどないという言葉を聞く時がいつかきっとくるはずですが、その時私も同じことが言えるんだろうか…とかいろいろ考えちゃいますね。

アンコールの内容は1日目と同じでした。

そして「Thank you, FRIENDS!!」がおわり、ライブが終了しました。

ライブビューイングで参加していた私は、荷物をまとめて帰ろうとしましたが、現地では自然とAqoursコールが。

そしてなんかいつもと違う。会場が明るくならないし、アナウンスとかも聞こえてこない。友人となんかいつもと違わない?とか話していたらなんと退場したはずのAqoursがステージ上に戻ってきました。

なにが起きているのか理解が追いつきませんでした。ただただ画面を見ていると、Aqoursコールに答えて出てきてくれた様子。降旗さんの涙がとても印象的だったのを覚えています。普段泣かない印象のメンバーも涙目になってました。ほんとになにも決めずに出てきてくれたらしく、最後になんとマイクなしで挨拶してくれることに。

ライブビューイングの画面にはあんちゃんのアップが映されて音が消えました。あのときドームにいる5,6万人の人が静かになって物音一つしなかったらしいです。

画面のむこうのあんちゃんがなにか叫んだあと、ほんの少し遅れて声が確かに聞こえました。ドームの最後方にいた人にも声が届いていたそうです。

ライブビューイング会場にもしっかり届いていました。

そしてほんとにライブが終了。

まとめ

1日目2日目あわせていろいろ語りたいことはありますが、もう最後の再登場の印象が強すぎて…

ああいうのをダブルアンコールとかカーテンコールとか言うらしいです。アンコールは曲などのパフォーマンスをしてもらうもので、カーテンコールは単に登場してもらうことを要求するものなので、今回はカーテンコールが正しいんだと思いますがもう正直呼び方なんてどうでもいいんですよ!!

Aqoursコールをしようっていう企画があったのかどうかわかりませんが、コールをした会場の10人目、Aqours、スタッフの皆さんに感謝しかありません。

あとライブが本当に終わったあと、会場に流れていたサンフレのBGMにあわせて会場のみんなが歌っていたのが印象深いです。そういうところだよ!

セトリがほぼ同じでも、全く同じだろうと2度と同じライブはないんだと。

今回2日目のライブをライブビューイングで観ていて、正直これを現地で体験しなかったことをほんとに後悔しました。1日目は現地行けるし、2日目は当たったらでいいかなーとか思っていたことをとても後悔しています。

映画「ボヘミアン・ラプソディ」で、ライブ・エイドに出場することをメンバーに頼むシーンでフレディが言った「このライブに出なければ、次の日から死ぬまでずっと後悔する」(正確ではないかもしれません)というセリフ。まさにこれなんだなと。

普段映画とか観ない人にも観てほしい。クイーン知らなくても観てほしい。

あわせて読みたい
クイーンをよく知らないとか関係ありませんでした。ボヘミアン・ラプソディは絶対映画館で観るべき2018年11月9日、映画「ボヘミアン・ラプソディ」が公開されましたね。 世界的人気ロックバンド「クイーン」のボーカル、「フレディ...

もっと言えば人生同じ時間は二度とこないんだから、毎日全力で生きて後悔しないようにしたい。

でもよく考えると、Aqoursのライブに行くたびに毎回最高のライブだったなーって思うわけですよ。

毎回、前回のライブを超えるものをみせてくれるAqours。

ライブが近づくと、楽しみなんですが終わってしまうのが怖くてまだ当日にならなくていいのになといつも思います。

でもこれからは、とにかく次のライブを楽しみにしていようと思います。終わるのが怖いじゃなくて、とにかくライブを楽しみに待って、当日はとことん応援して、終わったら余韻に浸りつつ次のAqoursの楽しいことを楽しみにしていけば毎日きっと楽しい。

あと今後は友人と一緒の席で観られなくなろうと、ナンバリングのライブだけでも必ず現地で参加しようと決意しました。

本当にAqoursは私を変えてくれます。

ライブに行くたびに、曲が出るたびに。冗談じゃなく本気でAqoursに会えたから今の自分がいるし、やっとできた夢に向かって今頑張ることができていると思います。

Aqoursが夢をどんどん叶えて行けるように、これからもずっと応援し続けますし、自分の夢も絶対に叶えると決意させてくれたライブでした。

 

 

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。